通信規制・帯域制限なしのプロバイダー選び

Bモバイルデータ通信

モバイルデータ通信とは各通信会社のデータ通信カードを利用したパケット通信のことです。一般に携帯電話で使われている通信回線のことですね。

 

スマートフォンやタブレットなどで通信を行う場合、このモバイルデータ通信(パケット通信)を利用した通信方法か、WiFi通信かどちらかの方法でネットにつなげていると思います。
パケット通信は使ったパケット量に対して課金する従量制か、定額制の2種類があり、従量制の場合気をつけて使わないと、思わぬ金額が請求される場合があるので注意しなければなりません。

 

定額制でも通信会社により一月7GBまでの通信量の制限があるので、モバイルデータ通信とWiFi通信をうまく使い分けるのがコツです。

 

モバイルデータ通信といえばスマホや携帯電話などを思い浮かべますが、パケット通信の回線を利用したデータ通信カードや、同回線のモバイルルーターを利用する方法もあるんです。

 

データ通信カードとしてパソコンのUSBポートに挿して使うタイプや、それに対応したモバイルルーターなどでパソコンやスマホに接続して外出先でもインターネットに接続することができるものもあります。

 

この辺はWiMAXの使い方と似ていますが、通信回線が違うので要はスマホのテザリングとやっていることは同じです。

 

このデータ通信も最近は4GLTEの登場により、非常に高速通信が可能になっていて、高画質の動画や大きなファイルのダウンロードにもストレスなく使うことができるようです。

 

ただ何度も言うように1ヶ月ごとの通信量に規制があるので、ヘビーユーザーの方にはあまりおススメできません。

 

 

プロバイダーによる規制

関連ページ

@ADSL光ファイバーCATV
プロバイダー選びで重要なのが「値段の安さ」よりも通信規制の少ないところを選ぶのが最も重要。規制の緩いプロバイダーを紹介します。
AWiMAX
プロバイダー選びで重要なのが「値段の安さ」よりも通信規制の少ないところを選ぶのが最も重要。規制の緩いプロバイダーを紹介します。