通信規制・帯域制限なしのプロバイダー選び

グローバルIPアドレスを固定する必要性

IPアドレスとはインターネット上での自分の住所に当たるもので、たとえば電話で言うと電話番号に当たります。
IPアドレスといっても、グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスの2種類あり、グローバルIPアドレスは自分の家の電話番号、プライベートアドレスは家の中にあるそれぞれのパソコンの内線番号と言う風にイメージすればわかりやすいです。

 

この2種類のIPアドレスですがこれも大きく2つに分かれます。
動的(変動) IPアドレスと固定IPアドレスです。
通常プロバイダーと契約した場合この動的IPアドレスの割り当てが一般的で、プロバイダーに接続するたびに毎回グローバルIPアドレスが変動します。

 

プライベートIPアドレスも同様にパソコンを起動するとルーター側の方で自動的にIPアドレスを振り分けします。

 

ホームページやメールをするだけであればIPアドレスが変動してもさほど不便は感じませんが、例えばレンタルサーバーを使用せず自宅のパソコンをWebサーバーとしてホームページを公開したり、会社や出張先旅行先などから自宅のパソコンにアクセスする場合や、webカメラで自宅の様子を見たりするのには動的ITアドレスでは問題があります。

 

なのでグローバルIPアドレスやプライベートIPアドレスを固定する必要があります。

 

IPアドレスと固定しておくと、いつでもそのアドレスで自宅のPCやサーバーにアクセスでき、外出先でファイルを忘れた場合も簡単にファイルをダウンロードできるので利便性は高くまた、固定IPアドレスを必要とするオンラインゲームやネット証券のサービスも利用できるようになります。

 

 

※IPアドレスを固定すると上記のようなことが可能となりますが、不正なアクセスも受けやすくなりますのでセキュリティーには十分ごご注意ください。

 

 

グローバルIPを知る方法

関連ページ

グローバルIPを知る方法
プロバイダー選びで重要なのが「値段の安さ」よりも通信規制の少ないところを選ぶのが最も重要。規制の緩いプロバイダーを紹介します。
グローバルIPアドレスの固定方法
プロバイダー選びで重要なのが「値段の安さ」よりも通信規制の少ないところを選ぶのが最も重要。規制の緩いプロバイダーを紹介します。
プライベートIPアドレスの固定方法
プロバイダー選びで重要なのが「値段の安さ」よりも通信規制の少ないところを選ぶのが最も重要。規制の緩いプロバイダーを紹介します。