パソコン本体の規格

ハードウエアの見直し

パソコンのハードウェアで手軽に性能を上げたいのであれば、メモリの増設がもっとも手軽で簡単です。

 

 

パソコン内部のメモリーが少ないと、ネットの接続が遅いと言うことに限らずパソコン全体の速度低下が生じてしまいます。

 

最近のパソコンはより多くのメモリーを搭載しているのでほとんど問題ないでしょうが、古いパソコンやグレードの低いパソコンではメモリーが2G以下と少なく、
複数のソフトを使用しながらインターネットや動画を見ていると、容量不足に陥ります。

 

このメモリ不足がネットの接続だけでなく、パソコン全体の動作を遅くしている要因なので、常駐しているセキュリティソフトは終了できませんが、その他の使用しているソフトを一旦終了しておくと動作が少しは速くなると思います。

 

 

LANポートの規格

関連ページ

LANポートの規格
プロバイダー選びで重要なのが「値段の安さ」よりも通信規制の少ないところを選ぶのが最も重要。規制の緩いプロバイダーを紹介します。
ブラウザ
プロバイダー選びで重要なのが「値段の安さ」よりも通信規制の少ないところを選ぶのが最も重要。規制の緩いプロバイダーを紹介します。
ブラウザキャッシュをRAMディスクに入れてみる
プロバイダー選びで重要なのが「値段の安さ」よりも通信規制の少ないところを選ぶのが最も重要。規制の緩いプロバイダーを紹介します。
RAMディスクのダウンロードとインストール
プロバイダー選びで重要なのが「値段の安さ」よりも通信規制の少ないところを選ぶのが最も重要。規制の緩いプロバイダーを紹介します。
ベンチマークテスト
プロバイダー選びで重要なのが「値段の安さ」よりも通信規制の少ないところを選ぶのが最も重要。規制の緩いプロバイダーを紹介します。
RAMディスクにIEのキャッシュを移動
プロバイダー選びで重要なのが「値段の安さ」よりも通信規制の少ないところを選ぶのが最も重要。規制の緩いプロバイダーを紹介します。