「インターネットが遅い」と感じたときは通信規制・帯域制限なしのプロバイダー選び

パソコンの環境や周辺機器による速度低下

ルーターの種類によって速度が左右されることもあります。
ルーターの種類とは、無線ルーターなのか、有線ルーターなのかということ。

 

最近のルーターは無線、有線でもどちらでも使えるものが多く、状況によって使い分けできるのがいいですね。

 

そのかわり同ランクの有線LAN専用のルーターと比較すると多少割高になっちゃいますが。

 

これ以外にLANの通信規格によっても速度に違いが生じます。
つまり高速通信に対応している規格かどうかです。

 

新し目のルーターであれば速度自体が遅い事はほとんどないでしょうが、
ヤフオクで売られているような中古のルーターだと規格も古いので高速な通信ができず注意が必要です。

 

 

無線LAN

利用環境や周辺機器による影響記事一覧

無線LAN

無線LANには次の5種類の規格があります。無線LAN規格の違いと特徴規 格通信速度(最大)周波数帯電波干渉の有無特 徴IEEE802.11ac(11ac)1300Mbps866Mbps5GHz帯少ない11nと比較して理論値で11倍以上、製品ベースでも3倍以上の最大通信速度を誇る次世代無線LAN規格。...

≫続きを読む

有線LAN

有線LANはケーブルなどの有線を使った通信方法で、無線LANの電波の影響がなく安定した通信を行なえるのが特徴で法人や企業などはほとんど有線LANが多いんじゃないでしょうか。最近発売されたようなルーターだと無線と有線両方使えるものが多いですが、無線LANを使う予定がなければ無線機能のない有線ルーターを...

≫続きを読む

LANケーブルの規格

LANケーブルの種類にもいろいろあって、一般的に多く使われているツイストペアケーブルについてお伝えします。このツイストペアケーブルの中でも転送速度によってさらに細かくクラス分けされていて、クラス分けされた区分のことをカテゴリと呼ばれています。このカテゴリーがルーターとうまく合っていないとルーターの最...

≫続きを読む