LANケーブルの規格

LANケーブルの規格

LANケーブルの種類にもいろいろあって、一般的に多く使われているツイストペアケーブルについてお伝えします。

 

このツイストペアケーブルの中でも転送速度によってさらに細かくクラス分けされていて、クラス分けされた区分のことをカテゴリと呼ばれています。
このカテゴリーがルーターとうまく合っていないとルーターの最大転送速度が得られません。
ケーブルを購入するときはカテゴリ表記に注意しなければいけません。

 

ケーブルに表記されています。

 

有線LANルータのところで説明したとおりイーサネット規格が「100BASE-TX」であれば最大伝送速度100Mbpsで、カテゴリ5(CAT5)のLANケーブルを使い「1000BASE-TX」であれば最大伝送速度が1Gbpsで、カテゴリ6(CAT6)のLANケーブルを使わなくてはいけないということです。

 

現在ではこれをさらに上回る「10GBASE」規格があり、最大転送速度10Gbpsで転送が可能で使用するLANケーブルもカテゴリ7(CAT7)を使わなければいけません。

 

ここまで来るとインターネットを普通に見る場合は全く必要ありませんが、社内ネットワークや家庭内ネットワークでパソコンからパソコンのファイルの転送が非常に高速に行えるので、ローカルネットワークに設置したサーバーからのファイルや動画音楽などのコンテンツへアクセスする時、非常に高速な通信が行えるのがメリットだと思います。

 

LAN規格とLANケーブルのカテゴリ

名  称

10BASE-T

100BASE-TX

1000BASE-T

10GBASE-TX

最大転送速度

10Mbps

100Mbps

1Gbps

10Gbps

ケーブルカテゴリ

カテゴリ3以上

カテゴリ5以上

カテゴリ6以上

カテゴリ7

 

 

通信遅延による速度低下

関連ページ

無線LAN
プロバイダー選びで重要なのが「値段の安さ」よりも通信規制の少ないところを選ぶのが最も重要。規制の緩いプロバイダーを紹介します。
有線LAN
プロバイダー選びで重要なのが「値段の安さ」よりも通信規制の少ないところを選ぶのが最も重要。規制の緩いプロバイダーを紹介します。