無線LAN

無線LAN

無線LANには次の5種類の規格があります。

無線LAN規格の違いと特徴

規 格

通信速度(最大)

周波数帯

電波干渉の有無

特 徴

IEEE802.11ac
11ac)

 

1300Mbps
866Mbps

5GHz帯 少ない 11nと比較して理論値で11倍以上、製品ベースでも3倍以上の最大通信速度を誇る次世代無線LAN規格。

IEEE802.11n
11n)

450Mbps
300Mbps

2.4GHz帯
5GHz帯

あり
(5GHzは少ない)

2.4GHz対応なら11b、gと5GHz対応なら11aと互換性あり。現在の汎用通信規格。

IEEE802.11a
11a)

54Mbps 5GHz帯 少ない 電波干渉に強いので、快適なホームネットワーク環境構築する方におススメ。

IEEE802.11g
11g)

54Mbps 2.4GHz帯 あり

対応機器が多いので、家電・パソコン・ゲーム機を同時に接続できる。
11bと互換性あり

IEEE802.11b
11b)

11Mbps 2.4GHz帯 あり スピードは遅く、電波干渉にも弱い。

 


規格によりサポートされている速度が違いますから、なるべくなら11n以上を選択したいところ。
新製品ならまず高速なので心配いりません。

 

家でネットワークを構築する場合、その手軽さからほとんどの方が無線LANを使っていると思いますが、その反面、電波の干渉を受けやすいのでそれが原因でインターネット通信速度が遅くなることもあります。

 

無線LANが使っている2.4GHz周波数帯は、身近なところで言えばBluetoothや電子レンジも使っていて、これらを同時に使うと干渉します。
私が昔やっていたラジコンなどにもこの2.4Ghz帯は利用されてるんですよ。
2.4GHzプロポの全てを徹底解剖!
なので近くにラジコンやっている人がいたらそれが原因で速度が遅くなっているかもしれません。

 

ルーターによりこういった干渉を避けるため2.4GHz周波数帯の他に5Ghz帯を使うものもありますから、たまに通信が遅くなったり、通信自体が切れてしまう場合は周波数帯を変更すると改善されるかもしれません。
ただ5Ghz帯は障害物には弱いという特徴があるので、ルーターから離れた部屋でネットにつなぐと速度低下や回線が落ちるといったこともあるかもしれませんので注意が必要です。

 

製品によっては、2.4GHz帯と5GHz帯を同時に使用できるものもあるので、ルーターを買い替えの際はそういったものを選ぶといいです。

 

 

有線LAN

関連ページ

有線LAN
プロバイダー選びで重要なのが「値段の安さ」よりも通信規制の少ないところを選ぶのが最も重要。規制の緩いプロバイダーを紹介します。
LANケーブルの規格
プロバイダー選びで重要なのが「値段の安さ」よりも通信規制の少ないところを選ぶのが最も重要。規制の緩いプロバイダーを紹介します。