通信規制・帯域制限なしのプロバイダー選び

有線LAN

有線LANはケーブルなどの有線を使った通信方法で、無線LANの電波の影響がなく安定した通信を行なえるのが特徴で法人や企業などはほとんど有線LANが多いんじゃないでしょうか。

 

最近発売されたようなルーターだと無線と有線両方使えるものが多いですが、無線LANを使う予定がなければ無線機能のない有線ルーターを選択するのが良いでしょう。これは同程度のルーター機能のついた無線LANルーターより安く導入するメリットがあります。
それにLANの接続端子も多めにあって複数のパソコンを導入するには最適だと思います。

 

最近のルーターはほとんど1000Mbpsに対応していて、ルーターによる速度低下はまず考えにくいと思っていいですがヤフオクなどの中古市場ではまだ100Mbps対応のルータが多く出回っていますので、中古で購入する場合は規格をよく確認する必要があります。

 

 

有線LANでの規格は大まかに以下のようになります。

10BASE-T(最大転送速度:10Mbps)

100BASE-TX(最大転送速度:100Mbps)

1000BASE-T(最大転送速度:1Gbps)

10GBASE-TX(最大転送速度:10Gbps)

 

LANの規格はイーサネット規格(IEEE802.3)で通信していて「〜BASE〜」と書かれています。
BASEの前に書かれているのが「通信速度」で後ろに書かれているのがケーブルの種類や伝送距離などを表しています。

 

すいずれにしても有線LANは無線LANより通信が安定していて高速なので可能であれば有線接続でネットを使う方がいいと思います。

 

 

LANケーブルの規格

関連ページ

無線LAN
プロバイダー選びで重要なのが「値段の安さ」よりも通信規制の少ないところを選ぶのが最も重要。規制の緩いプロバイダーを紹介します。
LANケーブルの規格
プロバイダー選びで重要なのが「値段の安さ」よりも通信規制の少ないところを選ぶのが最も重要。規制の緩いプロバイダーを紹介します。